即日融資の審査ポイントはココ

「即日融資」のキャッシングやカードローンを利用する場合、必ず「審査」に合格しなければいけません。いくら「即日融資可能」といっても審査に合格しなければ借入を利用することができません。

ある意味「審査に合格できるかどうか」という条件は、金利や借入限度額といった条件よりも重要といえるかもしれません。

審査とは?

審査とは「利用者の返済能力を判断する」作業です。キャッシングやカードローンを提供する会社としても貸したお金が(利息を含めて)返済されなければ商売が成り立ちません。

そのため利用前に審査を実施し、貸したお金が(利息を含めて)返済可能かどうか判断する必要があるのです。

ただし審査基準は各社異なっており、また一般的には公表されていません。審査基準が厳しい先、緩やかな先の違いは確かに存在していますが、その内容は一般的に知ることはできません。

ただしどのような会社でも、審査に合格するために抑えるべきポイントというものは存在しています。このポイントさえ押さえておけば、審査に合格できる可能性が高くなるといえるでしょう。

審査のポイントとは?

審査で判断されるべきポイントさえ押さえておけば、最近ではパートやアルバイトの方でも合格できる「即日融資可能」なキャッシングやカードローンが増えてきています。

少なくとも「早く借りたい」と考えている方は、次のような審査ポイントを考慮して申込を行うようにしましょう。

安定した収入があるかどうか

「安定した収入」とは単に「収入が多ければいい」という意味ではありません。返済可能な収入が常に「安定している」ことが審査では重要視されます。

毎月の給料に多い時と少ない時の差がある方よりも、安定している方がより審査では高い評価を得ることができます。

年収ベースで考えると、一般的には>「400万円以上」あれば十分といわれています。逆に「200万円以下」である場合には、一般的に不利といわれていますが、審査は総合的判断により判断されますので、一概に「不合格」とはいえません。収入だけで審査結果を判断することはないのです。

勤務状態

安定した収入を確保するためには、利用者がどのような職業に従事しているのかをはずすわけにはいきません。当然「無職」という状況では審査でもかなり不利となるでしょう。

一番高評価を得ることができる職業は「公務員」で、次いで「大企業」に勤めている方が有利といわれています。公務員の方の給料自体はどこの会社よりも高いというわけではなく、一般企業でも公務員の方よりも高い給料を得ている方はたくさんおられます。

それでも「安定性」を考えた場合、やはり「公務員」は断トツに高い評価を得ることができるのです。

また「勤続年数」の重要視される項目です。最低でも半年から1年以上同じ勤務先に勤めていることが求められます。あまり短い場合には、審査でも不利となることを覚悟しておかなければいけません。

過去の信用情報

過去に借入を利用しており、返済をきちんと行っている方は審査でも有利になることもあります。逆に返済に遅れていたなどの問題がある方は、審査でも不利は免れないでしょう。このような「個人信用情報」が審査でも重要視される項目の一つになっています。

「個人信用情報」では直近の申込情報も確認されます。あまり一度にたくさんの先に申込むとそれでけ審査では不利になります。お金に困っていて、一度に借りて逃げてしまうのでは、とみなされる危険性があるのです。

審査では申込書に記載される「全て」の情報が影響を与えます。常識で考えて「返済可能か」「返済に支障はないか」と判断するのが審査ですので、これらのポイントを押さえてなるべく不利とならない申込を行うようにしていきたいものです。